サイト内
ウェブ

富山湾の深海生物捉えた ほたるいかミュージアム動画一新

  • 2022年8月10日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

水中ドローンで撮影した深海を泳ぐホタルイカ【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 富山県滑川市のほたるいかミュージアムは、館内のシアタールームで常時上映しているホタルイカの紹介動画をリニューアルした。水中ドローンで撮影した映像で、深海生物の貴重な姿を伝えている。

 ミュージアムの水槽メンテナンスや水中ドローンを使った調査を手掛けるユウ・アクアライフ(富山市)が制作。海洋深層水の取水パイプに沿って水深5〜300メートルで撮影し、ホタルイカやシロエビのほか、ホッケの群れやイソギンチャクなどの様子を捉えた。深海に沈むごみの現状も伝え、環境問題に関心を持ってもらうストーリーにした。

 約11分の動画で、開館中は常時上映している。小林昌樹館長は「なかなか見ることができない映像なので、夏休みに合わせて見に来てほしい。ごみ問題への意識も持ってもらいたい」と話している。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ