サイト内
ウェブ

焼山「早川ルート」ご安全に 地元山岳会が登山道を点検

  • 2022年7月7日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県の糸魚川市と妙高市の境にある焼山(2400メートル)の糸魚川市側「早川ルート」で、地元山岳会「焼山愛好会」が登山道を点検した。片道6、7時間かかる超健脚者向けのルートで近年利用者が増加。安全に登山を楽しんでもらうため、メンバーは残雪や標識、岩場のザイルの状況などを丁寧に確認した。

 焼山は火山活動の活発化により、2018年11月まで入山が規制されていた。規制解除後の翌19年夏山シーズンから、早川ルートの入山者が増加。ルート上には高低差数十メートルの「大谷」「地獄谷」のほか、山頂近くの岩場など難所が点在する。

 点検登山は2日に行われ、同会の樋口善栄会長(70)ら5人が参加。例年より残雪が多く、登山者が道に迷いやすい地点に標識テープを取り付け、岩場のザイルがしっかり固定されているかどうかなどを確認した。樋口会長は「焼山の登山道は長く険しい。入山する際は決して無理はしないでもらいたい」としている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ