サイト内
ウェブ

納涼ビール電車出発 万葉線3年ぶり運行

  • 2022年7月3日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 高岡、射水両市を結ぶ路面電車・万葉線の「納涼ビール電車」の運行が2日、2019年以来3年ぶりに始まり、乗客は厳しい暑さをひととき忘れ、生ビールを味わった。

 登場から55周年となるレトロな7070形車両を使い、飛沫(ひまつ)防止シートや抗ウイルス加工など車内の感染対策を施した。

 初日は沿線の住民有志ら17人が利用した。高岡市中川上町の会社員、永原健吾さん(51)は「楽しみにしていた。暑い日が続き、ビールが最高においしい」と話した。

 高岡駅発着(午後6時40分発)と中新湊発着(同6時半発)の2コースがあり、所要時間は約1時間40分。お盆(8月12〜15日)を除き、9月2日までの月〜土曜日(水曜日は運休)に運行する。

 定員20人の貸し切り運行で、料金は5万5千円。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ