サイト内
ウェブ

3年ぶりに富山まつり 熱中症対策で9月下旬検討

  • 2022年7月1日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 例年8月上旬に富山市中心部で行われる「富山まつり」が時期を9月下旬に変更し、3年ぶりに開く方針で検討されていることが30日、分かった。市によると、熱中症対策が主な理由という。

 祭りは富山城址公園や城址大通りを舞台に、よさこいパレードや越中おわら踊りの街流しなどを繰り広げる。2日間の日程で、例年約20万人が訪れる。

 市によると、今年は9月24、25日の開催に向け調整が進んでいる。新型コロナウイルス対策をした上で、出演者や観客の熱中症を防ぐことが狙い。7月下旬ごろに運営委員会の会合を開き、正式決定する。

 富山まつりは市、市観光協会、北日本新聞社などでつくる運営委が主催。1961年に始まり、新型コロナの影響で2020年から2年連続中止になった。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ