サイト内
ウェブ

福井のブランド地鶏「福地鶏」炊き込みご飯のもと、お土産用に商品化 旅館料理人と農家で開発

  • 2022年6月24日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県あわら温泉調理師会「芦親会」と、若手農家でつくる「坂井あわらアグリカルチャースマイルクラブ(ASC)」が、福井のブランド地鶏「福地鶏」を使った炊き込みご飯のもとを、お土産品として商品化した。料理人の自慢の逸品、あわら温泉の"名物"としてアピールしていく。

 2024年春の北陸新幹線芦原温泉駅開業に向け、地元食材であわらをPRできる名物料理を作ろうと一昨年前から取り組み、昨秋にメニューが完成した。今年4月からは芦親会会員旅館の清風荘、越路、美松で、朝夕のバイキングなどで提供している。

 ご飯のもとには、ASC会員の黒川産業(あわら市北潟)が生産する福地鶏をミンチにして使用。肉の食感が楽しめるよう特にこだわった。あわら市のニンジン、坂井市の大豆を使った油揚げ、県産の九頭竜まいたけなど、地元食材をふんだんに混ぜ込んだ。

 レトルトパウチの商品化では、家庭で使いやすい2合炊きにした。手間をかけずに本場の味が楽しめるよう、水を足さずに手軽に炊けるよう工夫した。

 販売は清風荘、越路、美松、まつや千千の4旅館、黒川産業で取り扱っている。1パック2千円(税込み)。

 芦親会の会長は「ミンチ状の肉は存在感があって、だしも生かしており、子どもから大人まで楽しめる。料理人と若手農家の交流の中で生まれた一品を全国にPRしたい」と話している。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ