サイト内
ウェブ

繊細油絵、風景描き40年 福井県大野市の杉本蓮生さんが地元で個展

  • 2022年5月26日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県大野市の杉本蓮生(れんしょう)さんが描いた洋画の個展が、同市内のギャラリーなど2カ所で開かれている。繊細で写実的な油絵が、訪れる人を魅了している。

 杉本さんは、出稼ぎ先の愛知県で見たテレビ放送で、同市宝慶寺で活動する洋画家を知り創作を志した。大野にUターンし農業で生計を立てる傍ら、自宅の離れに設けたアトリエで2012年まで約40年にわたり自然の風景を題材に油絵を描き続けた。日本画の極細筆を使う繊細な作品を生み出し、世界各地の美術展に出品し、多数の入賞歴がある。

 同市元町のギャラリーCOCONOアートプレイスでは、6月26日まで油絵18点を展示。100号のキャンバスに初めて取り組んだという「華」は、青色を背景に鮮やかな赤色のボケの花が描かれ、花びらの厚みまでが感じられる細やかな筆致が目を引く。大人300円(中学生以下無料)、月曜休館。

 また同市明倫町の福井銀行大野支店では今月30日まで、7点の油絵を展示している。

 杉本さんは「遠くからも近くからもじっくり見て、作品に引き込まれてほしい」としている
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ