サイト内
ウェブ

海外勢3年ぶり出演 8月 福野「スキヤキ」

  • 2022年5月22日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ
 南砺市福野地域で8月26〜28日に開かれるワールドミュージックの祭典「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2022」の出演者が決まった。2019年以来3年ぶりに海外アーティストを招待。カナダやキプロスなど5カ国のミュージシャンが国際色豊かな演奏を繰り広げる。

 カナダの女性アーティスト、クロ・ペルガグは、5年ぶり2回目の出演となる。美しいメロディーと透明感のある歌声で聴衆を魅了する。出身地のケベック州はフランス語が公用語で、欧州でも人気を集めている。

 キプロスの3人組バンド、ムッシュー・ドゥマニは、地中海や中東の伝統的な音楽にロックやヒップホップを織り交ぜた独創的な曲調が持ち味。ギターやトロンボーンを軸にした演奏が特徴で、世界中の音楽イベントで活躍する。

 この他、モロッコの4人組バンド、バブ・ルブルーズやアルゼンチンの女性歌手、マリアナ・バラフも登場。国内からは南砺市の市民楽団「スキヤキ・スティール・オーケストラ」がステージを盛り上げる。

 「スキヤキ」は新型コロナウイルスの影響で、2020年は中止、21年は出演者を国内在住者に限るなど規模を縮小して開催した。

 チケットは6月1日から販売する。問い合わせは同市苗島(福野)の「スキヤキ」実行委員会事務局、電話0763(77)3817。北日本新聞社共催。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ