サイト内
ウェブ

井波の瑞泉寺、さばずし漬け込み 太子伝会のお斎に

  • 2022年5月19日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 南砺市の井波別院瑞泉寺は18日、7月に行われる同寺の伝統行事「太子伝会(たいしでんえ)」の参拝者向けの食事「お斎(とき)」に盛り込まれる名物のさばずしを境内で漬け込んだ。

 サバ450匹を用意。寺の運営に協力する「同行」の男性4人がサバを三枚におろしたり、漬け込んだりした。専用のたるに塩やこうじ、炊いた米を入れ、サバを敷き詰めて酒を注ぐ作業を繰り返した。約50キロの重しを載せ、蔵で2カ月熟成させる。

 同行の東山行雄さん(78)=同市井波=は「コロナ禍でお参りをする人が少なくなっている。おいしいさばずしを作り、参拝者を元気づけたい」と話した。

 聖徳太子の遺徳をしのぶ太子伝会は7月21〜29日に行う。お斎は1食600円。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ