サイト内
ウェブ

「ヨコタの岩カキ」初物上々 志賀・高浜の漁師3人、難所で素潜り漁

  • 2022年5月12日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 志賀町の高浜漁港沖約5キロの岩礁(がんしょう)「ヨコタ礁」で11日、「ヨコタの岩カキ」の素潜り漁が今年初めて行われた。潮の流れが速い水深12〜15メートルの難所で育った天然岩カキは大ぶりで濃厚な甘みが特徴。殻の長さが17センチの大物も含まれ、水揚げされた約100個は県内の飲食店で提供される。

 50年以上途絶えていたヨコタ礁の素潜り漁は、復活して3年目となる。県漁協高浜支所運営委員長の加藤直樹さん(44)、北敏彦さん(43)、平野政志さん(41)の地元漁師3人が資源保護を図りながら漁に取り組む。加藤さんは「例年以上の身入りで、今年も期待できる」と話した。

 ヨコタの岩カキは生食用で、殺菌水に24時間漬けた後、出荷される。志賀町高浜町の直売所「望海(のぞみ)」で販売し、ネット注文も受け付ける。市場への出荷は6月中旬となる見込みで、漁は8月中旬まで続く。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ