サイト内
ウェブ

歴史感じる五月人形 佛照寺、幕末からの13点展示

  • 2022年5月12日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 富山市高屋敷の浄土真宗本願寺派佛照寺(若杉円美住職)で、五月人形展が開かれ、幕末から平成までの歴史を感じさせる13点が並んでいる。31日まで。

 伝統文化に触れる機会を設けようと企画した。毎年3月、ひな祭り展を開いているが、五月人形展は初めて。

 若杉住職が、京都で人形を集めた。三種の神器である勾玉(まがたま)、剣、鏡を身に着けた神武天皇、鎧(よろい)をまとった豊臣秀吉のほか、愛らしい表情の御所人形、江戸時代のびょうぶなどが並ぶ。若杉住職は「日本人が昔から大切にしてきた心を感じてほしい」としている。

 午前10時から午後4時まで。入場料は2千円。お茶と菓子が提供され、ウニクラゲのかきもちやゼリーの土産品が付く。訪問する際は同寺への事前連絡が必要で、電話076(424)7288。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ