サイト内
ウェブ

「お湯印」集めて景品ゲット! 南魚沼で入浴キャンペーン

  • 2022年4月25日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県の南魚沼市観光協会は、市内の入浴施設を巡って御朱印ならぬ「お湯印」を集める観光キャンペーン「お湯印帳2022」を開始した。期間は来年3月31日まで。

 同協会が無料配布する「お湯印帳」を持って、参加する同市内の23施設に行き、入浴すると「お湯印」がもらえる。施設により「日帰りで」「宿泊のみで」ともらえる条件は異なるが、集めた印の数で「名人」「達人」などに認定され、カタログギフトや商品券といった景品と交換できる。

 協会によれば、印も施設によりさまざまで、スタンプもあれば、おかみさんによる手書きの言葉もあり、集めるだけでも楽しめる。

 市内の温泉施設利用促進を目指し始めたイベントで、通年型はことしで3回目。新型コロナウイルス感染拡大と時期が重なったが、21年度は南魚沼市がワクチン接種をした市民に入浴券を配布したことで、市民の利用が増えた。景品交換をした約300人のうち、地元住民が9割をしめたという。

 同協会では「前回は改めて地元の人に地元の温泉を知ってもらうきっかけになった。今回は本来の市外からの観光客の呼び込みにも役立てたい」と話している。

 協会ではお湯印帳を1万冊用意した。道の駅南魚沼やJR浦佐駅内の観光案内所などで入手できる。問い合わせは025(783)3377。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ