サイト内
ウェブ

純白でかれん...ミズバショウ見頃 福井市栃泉町「槙山水芭蕉の郷」で見頃

  • 2022年4月12日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県福井市栃泉町の「槙山水芭蕉の郷」で、ミズバショウが見頃を迎えている。純白のかれんな花が訪れた人たちの目を楽しませている。

 ミズバショウは湿地に生える多年草。東郷地区の住民でつくる「槙山を育てる会」が約20年前から、林道沿いにあるかつての棚田を利用して育てている。4年ほど前、イノシシに荒らされ約100株まで減少したが、同会が電気柵を設置し株を植えるなど世話を続けて、約300株に増やした。

 今年は3月下旬頃から咲き始めた。同会の会長は「散策してミズバショウを観賞するには良い季節になった。ぜひ見に来てほしい」と話していた。4月中旬ごろまでが見頃という。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ