サイト内
ウェブ

早春、鮮やか1万本 砺波でチューリップ展

  • 2022年1月28日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 「第36回春を呼ぶチューリップ展」が27日、砺波市のチューリップ四季彩館で始まった。4月に開幕する「2022となみチューリップフェア」に向け、色とりどりのチューリップ30品種1万本と早春の花々が会場を彩り、一足早い春の訪れを演出している。2月13日まで。

 となみチューリップフェアのプレイベントとして、砺波市と市花と緑と文化の財団が毎年開いている。チューリップの鉢花と切り花を各5千本用意し、プリムラやマーガレットなどの季節の花も並べた。

 展示のテーマは、フェアと同じく「花が彩る 星の数ほど愛と希望(ゆめ)」。高さ約2メートルの星形のオブジェやキラキラと輝く電飾、パステルカラーを基調とした飾りを設置し、写真映えするフォトスポットを設けた。

 開会式で、夏野修市長が「85日後に開幕するフェアに向け、皆さんの力で盛り上げてほしい」とあいさつ。川辺一彦市議会議長が祝辞を述べ、石田智久県花卉(かき)球根農業協同組合長、清水穂砺波切花研究会長が加わってテープカットした。

 認定こども園出町青葉幼稚園(同市寿町)の5歳児15人が招待され、会場を一周できるミニSLに乗って「花がきれい」「楽しい」と歓声を上げていた。

 砺波切花研究会によるチューリップ切り花の販売コーナーもある。入館料は全館共通で高校生以上500円、小中学生250円、65歳以上400円。北日本新聞社後援。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ