サイト内
ウェブ

高岡御車山祭、3年ぶり開催へ

  • 2022年1月26日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 高岡市中心部で例年5月1日に行われる高岡御車山(みくるまやま)祭(まつり)が、3年ぶりに開催されることになった。高岡御車山保存会(中村喜進会長)が1月25日、同市末広町の高岡関野神社で総会を開いて決めた。山車(やま)7基を勢ぞろいさせ、新型コロナウイルス禍前と同じ運営を目指す。現時点では観光客への制限を設けない予定だが、感染状況に応じ入場制限や無観客などの対策も検討する。

 4月30日の宵(よい)祭・ライトアップも実施する方針。新型コロナ対策として関係者のPCR検査を行う。

 一昨年は中止し、昨年は代替事業として1基だけが巡行した。7基がそろう機会は2年間なかった。中村会長は「先人から受け継いできた祭りを後世に残さないといけない。安全・安心を第一に方策を講じたい」と話した。

 祭りは同神社の春季例大祭で、400年以上の歴史がある。国重要有形・無形民俗文化財に指定され、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録されている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ