サイト内
ウェブ

マダイ漬け丼が全国コンテストで快挙 高浜町「うみから」の人気商品

  • 2022年1月25日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県高浜町の地域商社「まちから」がプロデュースしたマダイの漬け丼が、全国商工会連合会(東京)が主催するコンテストで審査員特別賞に輝いた。同町のシーフードマーケット「UMIKARA(うみから)」で人気の看板商品で、受賞をきっかけに販路開拓にもつながった。2月から通販サイトで本格販売する。

 漬け丼は、若狭で水揚げされた鮮度抜群のマダイの切り身80グラムを、地元産のしょうゆとだし、練りゴマを配合したたれに漬けて、冷凍パックにした一品。同社とうみからの食堂が共同開発した。食堂は丼にして提供しており、海鮮丼に並ぶ人気。昨年11月に開かれた同連合会のコンテスト「バイヤーズルーム2021」に出品した。

 地域資源や技術を生かした商品114点が全国から寄せられ、流通関係者44人が審査した。最優秀の金賞、銀賞に次ぐ審査員特別賞は、審査員が自社で取り扱いたいと思った商品が受賞する。

 マダイの漬け丼は、「解凍するだけで食べられるので、調理不要でお手軽」と高評価を受けた。受賞後3社から問い合わせがあり、うち1社の通販サイトに今月末にも掲載される予定だ。まちからの名里社長は「より多くの人に食べてもらえる機会が広がった」と喜ぶ。

 うみから内のセレクトショップでも864円(税込み)で試験販売しており、2月からはうみからの通販サイトで発売する。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ