サイト内
ウェブ

佐渡でゆったりワーケーション 滞在型宿泊施設オープン

  • 2022年1月24日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 ビジネスや観光での長期滞在者向け宿泊施設が、新潟県佐渡市佐和田地区にオープンした。宿泊は1日1組。およそ40坪にリビングやワークルームといった多彩な部屋を設け、既存の宿泊施設との差別化を図った。旅先でテレワークをするワーケーションなどでの利用を想定している。関係者は「広々とした空間で充実した時間を過ごしてほしい」とアピールしている。

 昨年12月に同市東大通にオープンしたのは「Stay&Work佐渡」。真野地区でベーカリーカフェ「しまふうみ」を展開する佐渡ホンダ販売が、系列の雑貨店の2階に設けた。

 間取りは一般マンションに近い。食事はつかず、キッチンには冷蔵庫、炊飯器などがそろっている。ワークルームは、6人程度でのミーティングやリモート会議ができる。ベッドルームは最大で大人4人までの宿泊が可能。

 同社の宿泊施設は、主に観光客が対象の真野地区にあるゲストハウスに続き2棟目。ワーケーションが徐々に浸透していることなどから、主にビジネス向けの施設にした。オープン後、家族での利用があったほか、5月に予定されている「佐渡ロングライド」の前後は予約が入っているという。

 担当者は「小さい子どもがいても他のお客を気にせず過ごせる。佐渡の中心部に位置し、スーパーや飲食店も近い。佐渡を楽しむ拠点としても活用してほしい」としている。

 料金は宿泊日数や人数によって異なり、1人1泊おおむね5500〜1万3200円。ワークルームだけの貸し出しも受け付けている。

 問い合わせはStay&Work佐渡、0259(52)6200。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ