サイト内
ウェブ

力作22点 秋描く かづみ野遊彩会作品展

  • 2021年9月2日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新川地域で絵画制作を楽しむ仲間でつくる「かづみ野遊彩会」(四ツ田正治会長)の作品展が1日、魚津市の新川文化ホールで始まった。秋の風景画を中心に力作22点が並んでいる。13日まで。

 魚津、黒部、滑川、入善の4市町の会員14人が出品した。新型コロナ禍で活動が制限される中、展覧会を励みに、各自で作品を用意してきた。透き通った水流が目を引く「黒部峡谷」、鮮やかな紅葉を描いた「馬場島の秋」など、それぞれの感性が光る。

 会は県民カレッジ新川地区センター油彩画教室の受講生が2009年に結成した。北日本新聞社後援。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ