サイト内
ウェブ

医療従事者へ感謝 高岡七夕まつり開幕

  • 2021年8月2日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 高岡市中心市街地の夏の風物詩「高岡七夕まつり」が1日開幕した。新型コロナウイルスの影響を受けて開催は2年ぶり。感染終息の祈りが込められた色とりどりの七夕飾りが並び、訪れた人々の心を癒やした。7日まで。

 末広町通りには高さ約12メートルの七夕飾り13本が並ぶ。うち2本に、医療従事者らへの感謝の思いを込めた青いちょうちんがつられた。クルン高岡などには願い事を短冊に書ける「願い短冊コーナー」を設け、笹竹を販売。売り上げの一部を県新型コロナ対策応援基金に寄付する。密集を回避するためステージイベントなどは取りやめた。

 この日の夜、クルン高岡でオープニングセレモニーがあり、まつり実行委員会の塩谷雄一会長と角田悠紀高岡市長が「市民と終息を祈りたい」などとあいさつ。福井直樹市議会議長が祝辞を述べた。竹を提供した中越パルプ工業(同市米島)の社員は、角田市長による市の発展を願う大きな短冊を披露した。関係者による点灯式も行い、末広町通りなどがライトアップされた。

 期間中は願い短冊コーナーなどを巡るデジタルスタンプラリーを初めて行う。まつり実行委員会、高岡市主催。北日本新聞社後援。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ