サイト内
ウェブ

美の系譜示す名画 「ミレーから印象派への流れ展」が金沢21世紀美術館で30日開幕

  • 2021年7月30日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 「ミレーから印象派への流れ展」(北國新聞社主催)は30日、金沢市の金沢21世紀美術館で開幕する。ミレーやモネ、ルノワール、セザンヌらの名画69点を通して19世紀フランス美術の変遷をたどる趣向で、29日は陳列作業が進められた。

 今展では、産業革命後に興った自然主義や写実主義を起点とし、印象派、ポスト印象派をへて、20世紀美術へのつなぎ役となったナビ派に至る系譜を紹介する。

 バルビゾン派の筆頭であり、「農民画家」と称されるミレーが農村の素朴な暮らしぶりを描いた作品をはじめ、「睡蓮(すいれん)」のシリーズ作で知られる印象派の代表画家・モネ、印象派の手法から脱却して新たな表現を目指したルノワールやセザンヌの傑作など、英仏の美術館が所蔵する貴重な作品を一堂に展示する。

 会期は8月29日まで。入場料は一般1200円、中高生800円、小学生600円となっている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ