サイト内
ウェブ

鳥の画家作品たどる 越前市で土岡春郊企画展

  • 2021年5月6日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県南条郡王子保村(現越前市)生まれの日本画家、土岡春郊(しゅんこう)(1891〜1959年)の画業をたどる企画展「土岡春郊―鳥を愛した芸術家」が6月13日まで、越前市武生公会堂記念館で開かれている。

 鳥の細密な写生画で知られ、"鳥の春郊"と呼ばれた。図録「鳥類写生図譜」全4集を1927〜38年にかけて刊行。100種の鳥の細密画と詳細な生態解説文を収録し、画壇や鳥類学者から高く評価された。

 企画展では図譜の復刻版に加え、春郊と親交があった市内の鳥類保護関係者が所有する図譜の「小鳥編」、市内の旧家や母校に保管されていた春郊の屏風(びょうぶ)絵や掛け軸画、学生時代に鳥をデッサンしたスケッチブックなど約100点を展示している。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ