サイト内
ウェブ

七尾・青柏祭 でか山2年ぶり展示

  • 2021年5月4日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新型コロナウイルスが感染拡大する中での大型連休の3日、石川県内の各観光地は前日に続き、人波であふれた。能登を代表する祭礼「青柏祭(せいはくさい)」が七尾市中心部で始まり、日本一の大きさを誇る山車(だし)「でか山」が登場した。今年は三つある山町(やまちょう)のうち府中町のみがでか山を組み立て、観光客や市民が2年ぶりの雄姿に見入った。
 でか山が展示された印(いん)鑰(にゃく)神社前では、若衆と地元の小学生による木遣(きや)り唄や伝統の祝い唄「七尾まだら」が披露された。感染拡大を防ぐため巡行は行わず、見物客には密集を避けるよう呼び掛けがあった。
 七尾市万行町の女性(23)は「でか山を見ると、七尾に春が来た感じがする」と山車を見上げた。
 4日は御祓川沿いで神事が営まれる。でか山は同日まで展示される。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ