サイト内
ウェブ

越前市・陽願寺 本堂や庫裏7棟公開 特別拝観始まる

  • 2021年4月30日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県越前市本町の陽願寺で4月29日、特別拝観が始まった。国の登録有形文化財の指定を受けた本堂などの建造物や寺宝を、5月9日まで期間限定で公開している。

 同寺は1852年の大火で当時の建物を焼失したが、多くの門徒の協力で再建を果たした。文化財の指定を受けたのは、江戸後期以降に再建された本堂と庫裏、対面所、御殿、洋館、客殿、納骨堂、土蔵、鐘楼の9棟。特別拝観ではこのうち客殿と土蔵を除く7棟を公開している。

 門主との対面の儀式を行うための対面所をはじめ、歴代の門主を迎え入れるための上質な建築や、新緑が鮮やかな庭園などが見どころ。藤枝聖住職は「ふだんは公開していない歴史ある建造物を、美しい庭園の景色と合わせて楽しんでいただきたい」と話している。

 期間中、特別展「陽願寺と宮中の繋(つな)がり」も同時開催。3月に市指定文化財となった、桜町天皇(1720〜50年)の位牌(いはい)と厨子(ずし)、光格天皇(1771〜1840年)の冠など、宮中とのつながりを示す貴重な資料を展示している。

 午前9時〜午後4時。拝観料は一般500円、中高生300円。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ