サイト内
ウェブ

ピンクや白のハナモモ見頃 宇奈月

  • 2021年4月17日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 かつて桃が自生し「桃原(ももはら)」と呼ばれた黒部市宇奈月地域で、住民が植樹したハナモモが見頃を迎え、16日に花見会が開かれた。

 宇奈月では2013年から、住民が「桃の郷(さと)」の再生を目指し、温泉街対岸の敷地にハナモモを植え始め、現在は200本が並ぶ。

 花見会は宇奈月温泉自治振興会(河田稔会長)と桃の郷再生研究会(羽柴進一会長)が実施。住民ら30人が参加し、ピンクや白の花をめでたり、写真を撮ったりした。花はこの先1週間は楽しめるという。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ