サイト内
ウェブ

アルペンルートの花紹介 カルデラ砂防博物館

  • 2021年4月15日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 立山黒部アルペンルート全線開業50周年を記念した特別展「花のアルペンルート立山」が14日、立山町千寿ケ原の立山カルデラ砂防博物館で始まり、アルペンルートの厳しい自然環境で生育する花を写真で紹介している。5月23日まで。

 同館アドバイザーで高山植物専門家の佐藤卓さん(富山市)が撮影した写真78点を美女平(丘陵〜山地帯)、弥陀ケ原(亜高山帯)、室堂・雄山(高山帯)の3エリアごとに紹介している。

 美女平周辺では、野山に自生するムラサキヤシオツツジや、ピンクの小さな花で早春の森を彩るイワナシの写真を展示。

 弥陀ケ原のガキ田周辺で群生するイワイチョウ、室堂・雄山周辺で岩の隙間に根を張るイワツメクサなども紹介している。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ