サイト内
ウェブ

15日、洋食店オープン 能登食祭市場 2階エリア埋まる

  • 2021年1月14日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 七尾市の道の駅「能登食祭市場」に15日、イタリア料理店「オレンジガーデン」がオープンする。羽咋市に本店を置き、パスタやピザ、スイーツに定評がある人気店で、七尾市内を中心に集客を見込む。食祭市場2階のレストランエリアは全てのブースが埋まった。
 オレンジガーデンは佐渡屋(羽咋市)が経営し、本店、金沢市もりの里に続き3店舗目となる。熱々を提供する「石焼パスタ」や羽咋にちなんだ「UFOパフェ」が人気で、食祭市場店限定でフルーツのワッフルもメニューに加える。
 食祭市場では昨年7月末にレストランが閉店し、運営会社がテナントを探していた。佐渡屋の小西良治社長は「逆境の時こそチャンスがあると考え、出店を決めた。地域密着の店にしたい」とし、店長の髙島加奈さんは「羽咋の店には七尾からの常連さんも多い。ぜひ食祭市場にも足を運んでほしい」と話した。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ