サイト内
ウェブ

伝統吉川ナスのはまなみそ人気 鯖江・道の駅西山公園

  • 2020年10月30日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県鯖江市の道の駅「西山公園」のオリジナル商品で、市内の伝統野菜「吉川ナス」を使った「吉川ナスはまなみそ」が今年も登場した。多い日で1日120個近く売れる人気を見せている。

 はまなみそは福井の冬の伝統食で、ナス、大豆、シソの実などが入ったおかずみそ。国の「地理的表示(GI)保護制度」に登録されている吉川ナスは出荷時期が6〜10月で、冬場のPRにと、道の駅の伊藤努駅長が2018年に開発した。

 ナスのカットや塩漬けといった仕込みを道の駅で行い、その後の工程はみそ製造販売の米五(福井市)が担った。今年は9月末から販売を開始。伊藤駅長によると、20個ほどまとめて買うリピーターもいるという。

 1個140グラム、税別480円。伊藤駅長は「甘くて癖がなく、田楽みそのような味わい。食べやすいので年代を問わず味わって」と話している。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ