サイト内
ウェブ

魂込めた「本気麺」味わって 上越・飲食店15店舗が企画

  • 2020年7月30日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県上越市のラーメン店などでつくる上越愛麺会が8月1日に新たな企画「本気(まじ)麺」を開始する。15の店で、上越産の食材などにこだわった特別な一杯を振る舞う。店主たちは「魂を込めて作ったラーメンで、上越を元気にしたい」と意気込んでいる。

 愛麺会は昨年3月、雪むろ酒かすラーメンの共同開発を機に発足。上越の食ブランド向上や地域活性化を目指して活動し、現在は市内18店が加盟している。

 本気麺は、食事中は会話を控えようという新しい生活様式を逆手に取り、「食べることに夢中になってしまうラーメン」を料理人が"本気"で作ろうと企画。南魚沼産コシヒカリをPRしようと魚沼エリアで展開する「本気(まじ)丼」にあやかった。

 本気麺は、暑い夏に食べやすいようにと各店がそれぞれ新作ラーメンを考案した。上越の食文化サメを使ったつけ麺や担々麺など個性を発揮している。

 下門前の手打ちらーめんまるとくでは「淡麗本醸造しょうゆ味」を提供する。地酒を使ってうま味を引き出したスープにぶどう山椒(さんしょう)を加え、あっさりとした口当たりに仕上げた。店長の高木佳祐さん(24)は「普段使わない食材を使い、うま味に"マジ"な一杯になった」と力を込める。

 愛麺会代表の月岡二幸さん(50)は「(新型コロナウイルス禍で)苦しい時だからこそ、ラーメンを食べて、店も上越も元気になってほしい」と話した。

 提供は9月末まで。プレミアム付きお食事券(5千円)も併せて発売する。

 他の参加店は次の通り。

 麺屋あごすけ▽王華飯店▽たんぽぽラーメン▽麺屋しょうじ▽比他棒▽WITHドリーム▽手打ちらーめんさっぽろ▽龍馬軒▽はな禅▽春紀▽たんたん麺の店菜心▽宝来軒総本店▽宝来軒参▽酒とめしあごすけ
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ