サイト内
ウェブ

蜃気楼で新湊大橋が反転 魚津、今年4回目Bランク

  • 2020年6月10日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 魚津埋没林博物館は9日、魚津市の海岸で、上位(春型)蜃気楼(しんきろう)が観測されたと発表した。発生規模は5段階(A〜E)のBランク。今年20回目の観測で、Bランクは4回目。

 正午前から黒部市の景色に伸びが見られた。午後0時45分ごろからは、富山市から射水市にかけて広域に伸びや反転を観測した。

 同館によると、朝は放射冷却現象で低かった気温が、日中はぐんと上がり、寒暖差が大きくなったことなどが要因という。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ