サイト内
ウェブ

もてなし隊活動再開 金沢駅地下広場で七夕飾り設置

  • 2020年6月7日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 ボランティアグループ「金沢もてなし隊」は6日、新型コロナウイルスの影響で休止していた活動を約3カ月半ぶりに再開した。金沢駅もてなしドーム地下広場ではメンバーが駅利用者を出迎えたほか、七夕飾りを設置し、来場者が「コロナが収まりますように」などと書いた短冊を取り付けた。
 金沢もてなし隊は、2005年からもてなしドーム周辺の清掃や週末のイベント企画に取り組んでおり、2月16日から活動を休止していた。当面はメンバーの健康状態をチェックした上で活動し、休止前に行っていた茶の振る舞いは、7月以降の再開を目指す。
 この日はメンバー9人がそろいのTシャツを着て集まり、手作りの折り紙細工を配るなどして来場者を楽しませた。リーダーの宮岸佑一さん(75)は「以前と変わらぬもてなしをして、楽しみにしてくれている人に喜んでもらいたい」と意気込んだ。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ