サイト内
ウェブ

輪島で面様年頭 児童が寄面で厄はらう

  • 2020年1月15日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された厄よけ神事「面様年頭(めんさまねんとう)」は14日、輪島市輪島崎(ざき)町、河井町で行われた。奇面を着けた児童や大人が家々を回り、住民が家内安全と無病息災を祈った。
 輪島崎町では、鳳至小の児童4人が2人1組となり、午前と午後に交代で面様に扮した。児童は輪島前(さき)神社で「串柿(くしがき)」「女郎(じょろう)」と呼ばれる面を着け、おはらいを受けた後、町内を山側から約150軒巡った。
 面様は無言のまま各家の玄関先へ向かい、サカキの枝で戸をたたいて厄払いし、他の児童が「面様年頭」と叫んで来訪を告げた。座敷へ上がると、神棚を背に座り、家の主人から新年のあいさつと初穂を受けた。
 面様年頭は室町時代から伝わるとされ、2018年にユネスコの無形文化遺産に「能登のアマメハギ」の一つとして登録された。町内を山側から回る14日の「おいで面様」に続き、20日は海側から回る「おかえり面様」が行われる。
 河井町では、重蔵神社で「串柿」「上﨟(じょうろう)」と呼ばれる面を着けた大人4人がおはらいを受けた後、それぞれ付添人と住宅街を回った。「面様年頭です」と声を掛けて各家に入り、神棚の前で祝詞を奏上した。
 河井町では戦前まで2人1組で回っていたが、戦後は住宅が増えたため、4人が別々に家々を回り、厄払いを行っている。同町の面様年頭はこの日だけで、約1300世帯を巡った。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ