サイト内
ウェブ

いしかわ動物園 干支や動物の九谷焼展示

  • 2019年12月11日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 能美市のいしかわ動物園で11日、県九谷焼技術研修所とのコラボレーション企画展が始まる。前期は来年の干支「子(ね)」がモチーフの絵皿、後期は8月から開かれた「わたしのイチオシ総選挙」の上位10種の動物を模した置物を展示する。
 11〜27日の前期は「子年干支飾皿展」と題し、県内で活躍する卒業生7人の皿が並ぶ。28日〜1月21日の後期は研修所本科2年の10人が出展する。
 研修生は動物園に何度も通ってモデルをスケッチした。カピバラを作った板橋愛さん(30)は「目が顔の横に付いていて、左右のバランス調整が難しかった」と話し、大岩千珠さん(42)は「ユキヒョウの毛並みを表現するため凹凸を付け、細い線を重ねて模様を描いた」と制作の苦労を語った。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ