サイト内
ウェブ

ペンギンになれるよ 寺泊水族館 解説コーナー人気

  • 2019年11月14日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県長岡市の寺泊水族博物館が、ペンギンの生態や大きさを解説する展示コーナーを設け人気を集めている。ペンギンのひなをかたどったぬいぐるみや、ペンギンになりきるグッズを職員が手作りした。

 来館者に人気のマゼランペンギンは5月にひな3羽が生まれ、計18羽を飼育している。ペンギンのことをもっと知ってほしいと、「触って・見て・知るペンギンの秘密」としてコーナーを開設した。

 ひなのぬいぐるみは大きさと重さを再現した。ふ化して5日後(体長10センチ、体重160グラム)と10日後(同20センチ、380グラム)の2体がある。石こうで作った卵の模型や、同館のペンギンの写真付き家系図も展示した。

 ヘルメットにくちばしを付け、ペンギンに変装できるグッズを置き、若者や親子連れらがかぶって写真に収まっている。

 同館学芸員の江部美郷さん(30)は「家系図を眺め、お気に入りのペンギンを見つけてみて」とアピールしている。

 展示コーナーは2020年3月末までは続ける予定。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ