サイト内
ウェブ

越前焼使った「陶あかり」庭園に1000個 越前町

  • 2019年11月4日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 越前焼の間接照明「陶あかり」を千個超並べたイルミネーションイベント「一千色の陶あかり」が11月1日夜、福井県越前町の県陶芸館内の日本庭園「幽石庭」で始まった。9色の発光ダイオード(LED)約2万球も彩られ、年末年始を除く来年1月13日までの金、土、日、祝日に幻想的な光が庭園を包む。

 閑散期となる冬期間の来客を促そうと、同館が初めて企画した。千個の作品は、同館でこの夏行われた陶あかり作り体験教室で作られたもの。側面に空けられた丸や四角、星形の穴から電球の光が庭園を優しく照らしている。

 ライトアップされた木々が池の水面に映り込み、夜空との美しいコントラストを描いている。庭園にはBGMも流れ、同館スタッフは「光と音の庭園をぜひ見に来て」と話していた。

 イベントは午後5時〜同7時(最終入場は同6時半)。入場料は同館入館券込みで500円。関連イベントとして、同館ロビーで越前焼作家13人の陶あかり約70点を展示販売しているほか、内藤俊三町長が作成した陶あかりも飾られている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ