サイト内
ウェブ

「チコちゃん」もみ殻アートに 柏崎

  • 2019年10月23日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県柏崎市西山町大津の田んぼに、NHKのバラエティー番組のキャラクター「チコちゃん」の顔をもみ殻で描いたアート作品が登場した。同所の農業、加藤広孫さん(71)たちが、稲刈りが終わった田んぼを活用して地域を盛り上げる目的で企画した。

 加藤さんら地元の有志5人でつくる「大津じじいの会」が、加藤さん所有の田んぼ約80平方メートルに10日、制作した。

 NHKの承諾を得た上で、見本のイラストを基に、縄で下絵を描いた。普通のもみ殻と黒く焦がしたもみ殻、食紅で赤くしたもみ殻の3種類を使い、輪郭や髪の毛、ウインクをしたかわいらしい表情を表現した。

 加藤さんは「他の田んぼでも、もみ殻アートの取り組みが広がってほしい」と期待している。

 現地では23日、新潟産業大の学生が参加し、同市のご当地キャラクター「えちゴン」をチコちゃんの隣に描く予定だ。

 作品は来年3月ごろまで残る見通し。私有地のため、金、土、日曜日のみ開放する。田んぼは同市西山町大津の「そば処やまなか」付近。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ