サイト内
ウェブ

郷土料理を紹介 姉妹都市のシェフが講座

  • 2019年10月14日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 市と市姉妹都市交流委員会の「姉妹都市のシェフから学ぶ!世界の料理講座」(本社後援)は13日、金沢学院大で開かれた。約30人の参加者がベルギー・ゲント市と中国・蘇州市のシェフ、パティシエ5人から各国の郷土料理を教わって味わい、さらなる交流に期待した。
 参加者はキッシュやエビと柿の黒酢炒め、抹茶パウダーなどを使ったチョコレートプレート、甘酒団子を調理した。講師はエビの下処理やキッシュ生地を寝かせる時間の長さなど料理をおいしくする工夫を伝えた。
 市制施行130周年を記念して14日に市役所で初開催される「世界8都市・食の祭典」(本社後援)のプレイベントとして実施された。祭典では米バファロー市の名物チキンウイング(手羽先)や、韓国全州市発祥のビビンバなど各都市のグルメブースが並ぶ。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ