サイト内
ウェブ

放生祭が開幕 小浜、山車に提灯、風情

  • 2019年9月15日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県の若狭地方最大の秋祭り「放生祭(ほうぜまつり)」が9月14日、小浜市小浜地区で開幕した。出番の12区が競うように豪華な山車(やま)、勇壮な獅子、大太鼓、神楽の4種類の出し物を披露。笛や太鼓、かねの音が鳴り響いた。夕方からは、赤や白の提灯(ちょうちん)の明かりに彩られた山車が風情を漂わせ、夜遅くまで熱気に包まれた。

 放生祭は300年以上の歴史を持つ県指定民俗文化財で、同市男山の八幡神社の例大祭。午前8時45分ごろの住吉区を皮切りに、各区が次々と宮入りし、出し物を奉納。夜の宵山巡行では山車につるされた提灯が美しく映え、観客を魅了した。

 最終日の15日は午後1時ごろ、市まちの駅・旭座周辺に全出し物が集まり、盛り上がりが最高潮を迎える。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ