サイト内
ウェブ

村上・屏風まつり 町屋67軒お宝披露 9月15日から

  • 2019年9月9日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 城下町村上の秋の風物詩「町屋の屏風(びょうぶ)まつり」が9月15日〜10月15日、新潟県村上市中心街の旧町人町一帯で開かれる。各町屋に引き継がれてきたびょうぶを展示するほか、併催イベントも多彩だ。

 村上町屋商人会が主催し19回目。伝統のびょうぶと昔の民具などを、67軒の町屋で展示する。普段は入れない町屋の中を見学できる。

 今回の目玉は同時開催の「伝匠美 屏風祭り展in村上」と「町屋の大華展」の二つ。屏風祭り展は大日本印刷の特別企画で、国宝のびょうぶを同社が開発した技術で複製したびょうぶを観覧できる。15〜23日、鍛冶町の市コミュニティデイホームと大町の益甚酒店で開かれる。

 大華展は、地元華道家による生け花を、27軒の参加店で飾る。10月3〜15日に開催。2日にはプレイベントとして石草流家元による実演もある。

 いずれも無料で、主催者側は「マナーを守って見学してほしい」としている。開閉店時間や定休日は各参加店それぞれ。

 問い合わせは村上市観光協会駅前観光案内所、0254(53)2258。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ