サイト内
ウェブ

ポップサーカス開幕まで4日 消防訓練を実施 新潟

  • 2018年7月12日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 「ポップサーカス新潟公演」が16日に新潟市中央区鐘木の市産業振興センター前大テントで開幕するのを前に、ポップサーカスと市中央消防署は11日、同所で消防訓練を行った。サーカスの団員が初期消火や通報訓練をし、万一の際に観客を安全に避難させる手順を確認した。

 訓練は、公演中に音響設備から出火し、逃げ遅れた人がいると想定した。団員や署員の計約70人と、消防車両4台が参加した。

 「火事だ」と火災発生を知らせる声が聞こえると、団員は担当の役割に分かれ、初期消火をしたり、観客役を誘導したりした。消防車が到着すると、防具に身を包んだ署員が要救助者役を素早く外に避難させ、テントを目がけて一斉に放水した。

 中央消防署市民安全課の熊倉哲也課長は「仮設テントは電気配線に特に注意が必要。もしもの時は、観客の避難誘導を最優先に対応してほしい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ