サイト内
ウェブ

フライドポテト発祥の地、ベルギーで本場の「フリッツ」を楽しもう

  • 2018年7月7日
  • GOTRIP!

いまや世界各地で食べられるフライドポテト。

「その発祥の地は?」といえば、ファーストフードのイメージが強いアメリカ、あるいは英語で「フレンチフライ」と呼ばれることからフランスという声が聞こえてきそうですが、フライドポテト発祥の地とされているのはベルギー。

なのになぜ「フレンチフライ」という名称が付いたのかというと、第一次世界大戦中にベルギーにやってきた米兵が、フライドポテトを目にしたとき、人々が話す言葉がフランス語だったため、フランスの食べ物だと勘違いしたのではないかといわれています。

現地では複数形で「フリッツ」と呼ばれるフライドポテトは、ベルギーの国民食。

料理の付け合わせとして出されることも多いですが、フリッツ単独で食べられることも多く、フランス語で「フリッタリー」と呼ばれるフリッツの専門店まであります。

ベルギーではどんな小さな町にもフリッツ専門店があるといっても過言ではなく、ベルギー全土に4500軒以上のフリッツ専門店があるといいます。ベルギー人には、それぞれ自分がひいきにするフリッタリーがあるのだとか。

ベルギーにおけるフリッツの歴史は、17世紀ごろにさかのぼります。南米アンデス原産のじゃがいもは、16世紀にヨーロッパに持ち込まれ、しだいに貧しい人々を中心に食用にされるようになりました。ベルギー・ワロン地方の貧民たちは、1680年ごろにはジャガイモを細長く刻んで揚げて食べていたといわれています。

日本では戦後のアメリカ文化の流入とともに普及した「フライドポテト」ですが、ベルギーではすでに数百年の歴史があるのです。

そんなベルギー伝統のフリッツ。私たち日本人が食べているフライドポテトとはいったい何が違うのでしょうか。

ベルギーのフリッツの製法の特徴は、なんとっても二度揚げされること。その結果、外はカリッと、中はフワッと仕上がり、日本の一般的なフライドポテトに比べると、じゃがいも本来の風味が存分に味わえます。

まずは「ビーンチュ」と呼ばれるフリッツに適した品種のじゃがいもを最もおいしく食べられるようにカットしたら、130〜140度くらいの低温で6分揚げ、10分寝かせた後、170度の高温でさらに2分ほど揚げるのが一般的です。

昔は豚の脂のみで揚げていましたが、現在は植物油とラードを使用しているお店が多いとか。

日本人からすると「たかがフライドポテト」と思ってしまうところかもしれませんが、ベルギーでは立派な食文化の一部。できるだけおいしいフリッツを生み出すための工夫は欠かせません。

なんと、フリッツを文化遺産として世界遺産に登録しようという運動もあるのだとか。ベルギー人のフリッツに対する愛情は筋金入りです。

ベルギーを訪れるなら、一度は食べてみたい本場のフリッツ。

首都ブリュッセルにもいくつかの有名店がありますが、観光の合間に立ち寄りやすい中心部にあるお店が「フリットランド」です。

地元の若者にも人気の有名店で、グラン・プラスからも徒歩2分という好立地。

フリッツ専門店にはテイクアウトのみのお店も多いですが、フリットランドは店内で座って食べることができるうえ、開放的なテラス席もあります。

箱からこぼれるほど大量に盛られたフリッツは3ユーロ。ソースは別売りで0.8ユーロです。小食の女性なら、これだけでもきっとお腹いっぱいになるはず。

ベルギーのフリッツ文化で特徴的なのが、マヨネーズと一緒に食べること。日本では、たいてい塩のみか、あるいはケチャップを使用しますが、ベルギーではフリッツのお供には圧倒的にマヨネーズベースのソースが人気です。

フリッツ専門店では、20種類ほどのソースが用意されていて、その大半がマヨネーズを使ったもの。せっかくなら、ベルギー流にマヨネーズベースのソースでフリッツを食してみては。

ベルギーで人気の高いソースのひとつが「サムライソース」。その名前から、なにか日本風の調味料を使ったものかと思いがちですが、実際にはマヨネーズをベースにパプリカや唐辛子を加えたピリリとしたソース。一度試してみると、もったりとしたピリ辛のソースがクセになります。

フリットランドでは、2種類までソースが選べる(2種類選んだ場合はハーフ&ハーフ)ので、気になるソースを色々と試してみるのもいいでしょう。

手軽なファストフードでありながら、選ぶソースの種類でまったく味わいが変わるという点も、ベルギーにおけるフリッツ人気の秘密といえそうです。

高カロリーゆえ、食べすぎには注意! ですが、ベルギーを訪れたなら一度はベルギーが誇る本場のフリッツにトライしてみてはいかがでしょうか。

「フリットランド(Fritland)」
住所:Rue Henri Maus 49, 1000 Bxl
電話: +32 2 514 06 27  
営業時間: 日〜木 11:00-25:00、金土 11:00〜翌朝5:00
公式サイト:http://fritlandbrussels.be/acceuil

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) tavii.com Inc.