サイト内
ウェブ

3万円ちょいから。お手頃なGalaxy Watchが登場

  • 2024年6月18日
  • Gizmodo Japan

3万円ちょいから。お手頃なGalaxy Watchが登場
Image: Samsung

Samsung(サムスン)のスマートウォッチシリーズ、Galaxy Watchに、お手頃価格の仲間が登場。その名も、Galaxy Watch FE。

価格は、Bluetoothモデルが199.99ドル(3万円強)、LTEモデルは249.99ドル(4万円弱)。Galaxy Watch6が現在5万円なので、だいぶ安い。

うーん、でも、機能を比べて、Galaxy Watch6とどっちがいいんでしょう?

Galaxy Watch4とほぼ同様、でもサファイアクリスタル採用

仕様は、基本的にはGalaxy Watch4とほぼ同じ。本体サイズは40mmで、搭載プロセッサはExynos W920という一世代前のものです。

ウォッチ本体は、ブラック、ピンク、シルバーの3色で展開され、新しいウォッチフェイスも使えるとのこと。オレンジとブルーのステッチが印象的な新しいバンドも追加されています。

ディスプレイはGalaxy Watch6と同じサファイアクリスタルガラスを使用しています。全体的な見た目はGalaxy Watch6とほとんど変わらず、サイズはFEの方が若干大きいぐらい。

ECG機能あり。ウェルネス機能が充実

廉価版でありながら、フィットネス、およびウェルネス機能が充実しているのがひとつのポイントでしょう。SamsungのBioActiveセンサーを採用し、睡眠のトラッキング、心拍数のモニタリング、そして心臓の健康状態をチェックするECG(心電図)機能も備えています。

Apple Watch SEでは心電図を記録できないので、Galaxy Watch FEを購入する際の決め手になるかもしれません。ただ、ECG機能は一部の国でしか使えず、現在日本では使用できないのですが…。また、温度センサーなど一部の機能はありません。

FEのバッテリーはGalaxy Watch6よりも小さく、247mAh(Galaxy Watch6は300mAh)です。メモリも、1.5GB(Galaxy Watch6は2GB)です。ストレージは、Galaxy Watch6同様16GB。

IP68の防塵・防水性能も備えており、耐久性も担保されています。

アメリカで6月24日発売開始

Galaxy Watch FEはアメリカで6月24日から発売スタート。LTE対応モデルはその後に発売予定。

日本での発売予定はまだわかりませんが、発売したら、スマートウォッチエントリーユーザーの候補になるかも?

ただ、どのモデルを選ぶにせよ、今回がこのデザインのGalaxy Watchを購入できる最後のチャンスになるかもしれません。Galaxy Watch7シリーズは、大幅なデザインの変更が予想されています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.