サイト内
ウェブ

L.L.Beanの226kg耐荷バッグ。日常もアウトドアもマルチに使える

  • 2024年6月21日
  • Gizmodo Japan

L.L.Beanの226kg耐荷バッグ。日常もアウトドアもマルチに使える
Photo: SUMA-KIYO

春から秋にかけては、アウトドアのハイシーズン。キャンプや海水浴、旅行などを楽しむ機会も増えてきます。

そこで必要になってくるのが、荷物のたっぷり入るバッグですが、年に数回のイベントの為だけに購入するのは、ちょっと気が引けますよね...。

万能トートバッグの決定版

そんな方にオススメしたいのが、この「ボート・アンド・トート」。

今年で発売開始から80周年をむかえるL.L.Beanを代表的するトートバッグです。

[エルエルビーン] ボート・アンド・トート・バッグ、オープン・トップ ミディアム Regular Slate ブルー 1000199494 9,790円 Amazonで購入するPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

サイズは、スモール(8L)、ミディアム(17L)、ラージ(35L)、エクストララージ(56L)の4タイプあるのですが、今回紹介するのはラージサイズ。

一見、そんなに大きくないように見えますが、自立するほどマチが大きく作られているため、見た目以上の収納力が備わっているんです。

こちらが、僕が実際にキャンプで使用したときの内容物。さすがに寝袋やテーブルまでは入りませんでしたが、少々かさばるアイテムも丸ごと収納することができました。開口部が広いため、荷物の出し入れもノンストレスです。

これだけの収納力があれば、夏場なら3泊4日、寒い季節でも1泊2日の旅行に十分対応することが可能。

さまざまな行事ごとにカバンを揃えていたら、費用もかさむし収納場所も大変ですが、これひとつあれば大抵のことはカバーできるので大助かりです。まさに万能トートの決定版。80年もの永きにわたり愛され続けているのも納得です。

すぐれた耐久性

この「ボート・アンド・トート」は、当初は重たい氷の塊を運ぶために発売されたそうなので、24オンスの極厚のキャンバス地を使用しており耐久性も抜群。

メーカーによると、ラボでの耐久テストで約226kgの重さにも耐えたのだとか。バッグより先に自分の腕が壊れますね(笑)

生産は米国メイン州の自社工場で、なんとひとつひとつ手作り。

細部をよく見てみると、縫い目の間隔や末端の処理などはかなり粗めなのですが、これがL.L.Beanらしさでもあり、いい味を醸し出しています。

刺繍を入れてオンリーワンに

公式サイトでの購入時に、オリジナルの刺繍を入れることができるのも「ボート・アンド・トート」ならでは。

英数字と記号を5つのフォントから選ぶことができ、カラーも数十種類と豊富です。自分だけのオンリーワンをつくるもヨシ、プレゼント用にメッセージを込めるのもアリですね。

冒頭でもふれましたが、収納力の割に小さく見えるので、日常使いのバッグとしてファッショナブルに使えるのも大きなポイント。

汎用性の高いL.L.Beanの「ボート・アンド・トート」。一度使ったらきっと手放せなくなりますよ。

[エルエルビーン] ボート・アンド・トート・バッグ、オープン・トップ ミディアム Regular Vintage Rose ピンク 1000199473 9,790円 Amazonで購入するPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Photo: SUMA-KIYO
L.L.Bean

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.