サイト内
ウェブ

新聞の読み方がガラッと変わる? 日経のVision Pro向けアプリ

  • 2024年6月13日
  • Gizmodo Japan

新聞の読み方がガラッと変わる? 日経のVision Pro向けアプリ
Image: 日本経済新聞社

XRヘッドセットでどこまで小さな文字が読めるか勝負に出てきましたか、日経。

Apple Vision Proが日本で発売される6月28日、日本経済新聞社が日経朝刊と夕刊を並べて読めるアプリ「日経空間版」をリリースするんですって。

アイトラッキングを使って注視&指タップした記事がどん!と拡大表示されるというUIは面白そう。同時にVision Proで日経本紙のレイアウトのままニュースを読んでもらうとなると、Vision Proでの見え方に合わせた記事タイトルの大きさや文字数に変わってくるのかな、という予感もします。

Image: 日本経済新聞社

新聞の紙面だけではなく、デジタル配信しているコンテンツも見られます。

日本経済新聞社はインフォグラフィックスに関する研究も進めており、文字表現だけでは伝わりにくいトピックを日経ビジュアルデータで配信しているのですが、そのいちコンテンツである「「地震列島」日本」をVision Proに合わせて3Dコンテンツ化。気象庁のデータをもとに、直近約100年に起きた地震を立体の仮想空間内にマッピングして、さまざまな角度から震源地や規模が見られるんですって。

拡大縮小回転自由自在。これ、教育コンテンツとして最良になると思う。

他のコンテンツも順次提供予定とのことなので、日経ビジュアルデータ好きならば見逃せませんなあコレ。

Acidea 無地新聞紙 250枚 880×300mm 新聞紙 2.4kg 緩衝材 梱包材 インクで汚れない 清潔 詰め物 更紙 引っ越し 食器保護 敷紙 2,299円 Amazonで見るPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") 写真と3D地図がリンクする「令和6年能登半島地震被災状況マップ」 1月1日に発生した能登半島地震。読売新聞はその被害情報をまとめた「令和6年能登半島地震被災状況マップ」を公開しています。 https://www.gizmodo.jp/2024/01/r6-noto-peninsula-earthquake-map.html

Source: 日本経済新聞 , PR Times

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.