サイト内
ウェブ

実は新ハード発表もあった。それがプロ用Apple Immersive Videoカメラ #WWDC24

  • 2024年6月13日
  • Gizmodo Japan

実は新ハード発表もあった。それがプロ用Apple Immersive Videoカメラ #WWDC24
Image: Blackmagic Design

特撮映画や地球防衛軍に出てくる決戦兵器みたいだけど、すごいんですコイツ。

Apple Vision Proは優れたXRヘッドセットですが、いかんせんまだ日常で使えるアプリも、独特なUIを活かしたおもしろゲームも、AV機器として楽しむための魅力的なコンテンツも少ない。Vision Proで稼ぐ&稼ぎたいエンジニアやクリエイターにとっては、一発賭けても良いデバイスなんですけど、いち消費者にとってはユースケースがわからない。「59万9800円または2万4991円の24回払いで何ができるの楽しめるの?」が見えてこないのも事実です。

そんな状況をチャンスと捉えたのか、Blackmagic DesignがWWDC 2024に2眼カメラの試作機である「Blackmagic URSA Cine Immersive」を持ち込んできました。さすがプロ用の肩乗せカメラ。でっかいな!

両目16Kの超解像度

Image: Blackmagic Design

コイツのなにが凄いって、解像度がスゴい。片目あたりの解像度は8K! 8160×7200ピクセルの5872万画素が2枚ですよ。このカメラで撮る立体動画は、現実と見分けつかないんじゃなかろうか。

フレームレートは90fpsでダイナミックレンジは16ストップ。いやいや、階調の広さもすごいな。もしかしてセンサーサイズは、一眼のURSA Cineと同じくフルサイズかしらん。

Image: Blackmagic Design

レンズは魚眼っぽいですね。Apple(アップル)はVision Pro用の新しい動画フォーマットとして、水平視野180度の8K 3D映像となるApple Immersive Videoを制定しましたが、Blackmagic URSA Cine ImmersiveはこのApple Immersive Videoを撮影するためのカメラとしてデビューするそうです。

2024年中には発売予定というBlackmagic URSA Cine Immersive。クルマが買える価格とはなるでしょうが、2025年以降はVision Proのディスプレイ解像度を活かせる映像コンテンツが増えると思うとワクワクしますね。

【国内正規品】Blackmagic Design モニター一体型レコーダー プロ仕様スコープ VideoAssist 7インチ 12G HDR HYPERD/AVIDA12/7HDR 113,000円 Amazonで見るPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") iPhoneとVision Proで「空間ビデオ」撮影、臨場感でるのはどっち? 「映像を撮れる」の一歩先の体験がありました。Apple(アップル)が空間コンピューターとして発売したXRヘッドセット「Apple Vision Pro」。その中に「空間ビデオ」と呼ばれる3Dビデオを再生できる機能があります。 人物も景色も奥行き感のある映像が再生されるので、かなりのリアリティを感じますし、まさに「映像を空間で残す」といった印象。今後大切な映像は空間で残しておくべきでは? とも感じ https://www.gizmodo.jp/2024/04/take-spatial-video-iphone-or-vision-pro.html

Source: Blackmagic Design

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.