サイト内
ウェブ

映画館のスクリーン、アパレルグッズに生まれ変わる

  • 2024年6月20日
  • Gizmodo Japan

映画館のスクリーン、アパレルグッズに生まれ変わる
Image: テアトルシネマグループ

映画館を愛する全ての方へ。

映画館のスクリーンですが、閉館などの影響により取り外されたものは一体どうなるかご存知ですか? 僕も知らなかったのですが、なんと使い道がないため廃棄されてしまうとのこと。

そんな役目を終えた映画館のスクリーンですが、テアトルシネマグループが廃棄予定のスクリーンを再利用したアパレル商品を販売しています。

映画館のスクリーン、実は耐久性にかなり優れていた

映画館のスクリーンですが、耐水性や耐火性、つまり耐久性に優れた素材であるため、意外にもアパレル製品との相性は抜群。テアトルシネマグループ限定販売のアパレルコレクション「SCRE:EN」(第2弾)には、耐久性に優れたバッグやコインケースなどが含まれています。

Image: テアトルシネマグループ

映画館のスクリーンですが、間近で見てみると小さな穴がいくつもポツポツと空いてるのがわかります。これ、スクリーンの後ろに配置されてるスピーカーの音を通すための穴とのことですが、SCRE:ENコレクションのひとつ、PC CASE(税込5,300円)を見てみると確かにポツポツとした穴が空いてます。シンプルかつオシャレなデザインがとても素敵です。

Image: テアトルシネマグループ

また、これから本格的に暑くなるにつれ、タンブラーを持ち歩く方も増えると思いますが、MULTI HOLDER BAG(税込5,700円)を使えばオシャレなケースとともに飲み物を持ち歩くことも可能。ケース外側にはうれしいファスナー付きです。

Image: テアトルシネマグループ

大容量のバッグが欲しいという方は7月上旬に発売予定のAZUMA BAG(税込6,400円)がオススメ。映画館でゲットしたチラシや購入したパンフレットはもちろん、通勤用バッグとして使うのも良さそう。

映画館で役目を終えたモノがただ廃棄されてしまうのではなく、新しいカタチに生まれ変わるって本当に素敵なことだなと感じました。さまざまな世界を映し続けてくれた映画館のスクリーンに対し、きっと思い出は人それぞれだと思いますが、今度は自分がそのスクリーンの一部をいろいろな場所へ連れて行けると考えたらワクワクします。

アパレルコレクション「SCRE:EN」(第2弾)は、(ヒューマントラストシネマ渋谷やテアトル新宿などを含む)テアトルシネマグループの各劇場およびアップリンク京都、または専用オンラインストアで購入できます。

Source: テアトルシネマグループ, SCRE:EN

エレコム ガジェットポーチ ガジェット ポーチ バッグインバッグ UBシリーズ 撥水加工 300D高密度ポリエステル ブラック BMA-UBGP01BK 1,100円 Amazonで見るPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") 環境問題に取り組む人気ロックバンド。プラごみで作ったレコードを発売 確かにレコード盤もプラごみを再利用できそう。海洋プラごみなど環境問題は気になるけれど、自分でどうにかするのは難しいですよね。知名度や財力や人脈があればその限りでもないのですが…。世の中にはそれらを持ち合わせ、意識も高いロックバンドがいます。コールドプレイならできるロンドン出身のロックバンドColdplay(コールドプレイ)が、グアテマラの川を漂い、ホンデュラス湾から海へ流出する前のプラごみから新 https://www.gizmodo.jp/2024/06/coldplay_limited_edition_album_sustainable.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.