サイト内
ウェブ

これがパナソニックの本気の食洗機。約10万円ですべてを叶えます

  • 2024年6月12日
  • Gizmodo Japan

これがパナソニックの本気の食洗機。約10万円ですべてを叶えます
Photo: mio

考える手間が極限まで少ない「食洗機」。

Panasonic(パナソニック)が6月末に新発売するのは、食器洗い乾燥機「NP-TZ500」。3年ぶりの最上位モデルが出るとあって、機能全部のせの本気の食洗機でした。

NP-TZ500だけの「おまかせコース」がすごい

Panasonic「NP-TZ500」市場想定価格 10万5千円前後。左からホワイト、シルバー

NP-TZ500は、今まで以上に食器洗いを丸投げできる一台。

Panasonicの食洗機の中でもNP-TZ500だけの新しい機能、「液体洗剤自動投入」と「おまかせコース」を搭載したとても賢い食洗機なのです。

Image: Panasonic

洗剤タンクには約30回分の液体洗剤を貯蔵可能。洗剤投入は自動なので、入れ忘れや入れすぎを防げます。

そして、おまかせコースなら間違いない汚れ落ち。庫内には「汚れセンサー」があり、洗浄水の濁度を感知して最適な洗剤量・洗浄に設定してくれます。

食洗機の導入を検討する理由って、時間の捻出や手間からの解放だったりすると思うのですが、この一台なら扉を閉じて運転をスタートさせるだけなので、使う側のエネルギーがかなり少ないように感じました。

しかも、この食洗機が大容量&高機能なおかげで、今までにはなかなかできなかった“入れっぱなし”での使い方もできるのだとか。

食洗機なのに「ナノイーX」まで搭載した一台

この食洗機は、約5人分の食器が入る大容量タイプ。大皿やコップなど40点も入るサイズ感です。

この大容量さをもって、空気清浄機などでお馴染みの「ナノイーX」も搭載。中のニオイを抑制し、除菌 (※全ての菌に効果があるわけではありません) してくれるので、2日分の食器を1度でまとめ洗いしたり、洗い終わった食器を入れっぱなしにしても清潔に保管できるのです。

デモ機では中の様子が見れるように

そして洗浄の全コース、50℃以上の高圧水流で洗いながらしっかり除菌します。プロペラのようなノズルで、隅々まで勢いの強い水流を届けてくれます。

ジャブジャブ水を使っていると思いきや、手洗いに比べて節水してくれるのもすごいところ。手動で設定できる「汚れレベル」を5段階中3にした場合、使用水量はなんと9.9L。手洗いの約7分の1の水量だけで洗浄できるんです。水を循環させながら洗い、すすぎ…など工程ごとに給水、排水を繰り返しています。

手洗いの時も汚れが落ちやすいようにお湯で洗うこともありますが、これなら「80℃すすぎ」で仕上げるモードもアリ。手洗いでは到底扱えないような高温で、油汚れも溶かして洗浄できます。

この80℃すすぎ、油汚れがひどくてスポンジやシンクまでドロドロになってしまうような、焼き魚や中華料理の日に使いたい…! 直径26cmのフライパンや高さ10cm以下の鍋まで入るので「作ったはいいけど、片付けが憂鬱」なんて日に頼もしい。

もちろん洗い上がりも完璧

ベタっとカレーの跡がこびりついた皿も、もちろんピカピカに。キュッキュと音がするほど完璧に洗い上がりました。こんなふうに、落ちるか不安なこびりつき汚れもスッキリ。

Panasonicによると、1回の食器洗いに費やす時間の平均は20分ほど。1日2回洗い物をするとしたら、40分も「やりたくない時間」が発生しているわけです。この一台があればその分ゆとりを持ててにっこりできるから、生活の質がグンとあがるんだろうな……。

Photo: mio
Panasonic

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.