サイト内
ウェブ

食品パッケージに書いてあるカロリーって本当に信用していいの?

  • 2024年6月10日
  • Gizmodo Japan

食品パッケージに書いてあるカロリーって本当に信用していいの?
Image: Shutterstock

1日の摂取カロリーを計算するのは食生活に気を使っている人ですが、特に気にしていなくても、AとBの商品で迷ったとき、パッケージに書かれているカロリー表記で低い方にするなんてことは、多くの人に当てはまることだと思います。

でも、もし、そのカロリー表記自体が間違っていたら? 食品パッケージのカロリー表記に関して、海外で訴訟が増えているようです。

大手スーパー「クローガー」の場合

カリフォルニア州検察当局が、大手食品スーパーチェーンのクローガーを提訴。いわく、クローガーのプライベートブランド「Carbmaster」シリーズのパンにて、誤ったカロリー表記がされていると。1切れ30kcalと記載されているものの、実際は50kcal以上あるというのが検察当局の言い分です。

問題のカロリー表示は、2018年から2022年のCarbmasterシリーズのパンであり、その後一部の表記は修正されたものの、ウェブサイトなどに誤ったカロリーがいまだに記載されていると訴えています。

アメリカで増えるカロリーへの不信感

クローバー訴訟のニュースを報じたLA Times紙によれば、近年不適正なカロリー表示に関する訴訟は増えているといいます。その問題の根幹にあるのが、アメリカ食品医薬品局が複数のカロリー計算方法を企業に許容していること。使用してもいい計算方法の中には、不正確な方法もあるといいます。

LA Times紙がコメントを求めた専門家いわく、これを取り締まるのはほぼ不可能であり、食品メーカーのカロリー表示を信じて性善説にすがるしかないのが現状。

食品に限らず、飲食店のカロリー表示も当てにならないという声も。2020年のある調査では、ファストフード店のカロリー表示は適切ではない場合もあり、実際のカロリーが記載数字よりも約20%ほど高かった飲食店が15%もあったといます。なかには実際のカロリーが、記載カロリーの2倍近かったものも。さらに一部のメニューには、記載されている量の2倍以上のナトリウムが含まれていたそうです。

タニタ クッキングスケール キッチン はかり 料理 カロリー デジタル 2kg 0.5g単位 KJ-215 WH ごはんのカロリーがはかれる ホワイト 2,662円 Amazonで見るPR !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") “電気味覚”で料理のうま味と塩味を増強するスプーン。実際に使ってみた スプーンに見えて、実は画期的な食器型デバイス。 これを使えばなにを食べても塩味やうま味をよりダイレクトに味わえちゃう、そんな驚きの「エレキソルト スプーン」の予約・抽選販売がついに始まりました。電気のチカラでおいしさを引き出す エレキソルトスプーンは、キリンホールディングスと明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明研究室の長年の共同研究によって開発された“おいしさ増強デバイス”。 https://www.gizmodo.jp/2024/05/electricsalt_kirin.html

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.