サイト内
ウェブ

影面積を増やすユニーク構造! 高い遮熱効果で猛暑に活躍する「KAGE+」

  • 2024年6月12日
  • Gizmodo Japan

影面積を増やすユニーク構造! 高い遮熱効果で猛暑に活躍する「KAGE+」
Image: GODO_DESIGN

こちらは「かいサポ(お買い物のサポートチーム)」が編集・執筆した記事です。

今年の夏も暑いらしい……。

熱中症対策グッズはたくさんありますが、まずはギラつく日光を遮るのが有効な手段。最近は男女問わず日傘を使う人も増えましたよね。

そこで今回は、影の面積を拡大できるユニークな日傘「KAGE+」をご紹介します。高い遮熱効果で最大マイナス14度も体感温度が変わるのだそう!

クラウドファンディングサイトmachi-yaでおトクな割引価格で予約開始しており、この夏にも間に合うのでお見逃しなく!

伸びて日陰が増える

Image: GODO_DESIGN

「KAGE+」は独時形状によって“影を最大化”するのが特長の晴雨兼用傘。2本だけ他より骨が長く、変則的な六角形になっています。

Image: GODO_DESIGN

一般的な日傘の場合、陽射しを避けるために視界を塞ぐように持つことってありませんか?

「KAGE+」であれば太陽に合わせて伸びた部分の向きを調整することで、視界を遮らずとも日陰を確保できるのだそう。前が見にくいとぶつかったりする危険があるので助かりますね!

高い遮光性でマイナス14度

Image: GODO_DESIGN

日傘に必要なのは太陽の熱や光をしっかり遮る能力。「KAGE+」は動画のように遮光率100%を実現しています。

Image: GODO_DESIGN

この性能はポリウレタン樹脂を含む3層生地によるもの。光はもちろん、紫外線も100%遮断してくれるそう。熱中症だけでなく日焼けやシミが気になる人にも嬉しい仕様です。

Image: GODO_DESIGN

JIS規格の遮熱試験(JIS L 1951)ではマイナス14〜19度の遮熱効果を実証。これなら猛暑や酷暑日にも快適に過ごせるかも!

雨傘としてもしっかり使える

Image: GODO_DESIGN

「KAGE+」という名前から日傘専用と思うかもしれませんが、しっかりと雨傘として使えるのも特長。生地の耐水圧は11,000mm、撥水力もJIS規格のはっ水性試験で5級(最高等級)のため、大雨にも耐えられるスペックとなっています。

Image: GODO_DESIGN

長い部分を後ろに向ければ背中側も濡れにくいので、バックパックユーザーとも相性は良さそう!

Image: GODO_DESIGN

カラーは2色。重さも290gと折りたたみ傘として問題ない範囲。耐久性にも自信があり、通常使用においては1年間の製品保証も付帯済み。

とりあえずバッグに入れておけば1年中活躍してくれそうなので、みなさんも1本いかがでしょうか?

影を伸ばして猛暑にも対抗できるユニークな晴雨兼用折り畳み傘「KAGE+」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。

執筆時点では1本が一般販売予定価格から28%OFFの5,400円(送料・税込)からオーダー可能でした。

数量限定もあったので、気になった人は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

影が伸びる傘 猛暑でも豪雨でも傘の下は快適大空間 独自設計の新しい晴雨兼用傘 5,400円 【超早割28%OFF】 machi-yaでチェック !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>影が伸びる傘 猛暑でも豪雨でも傘の下は快適大空間 独自設計の新しい晴雨兼用傘

Source: machi-ya, YouTube

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.