サイト内
ウェブ

仕事もランニングも自転車も。各シーンで活躍する機能服3選

  • 2024年4月14日
  • Gizmodo Japan

仕事もランニングも自転車も。各シーンで活躍する機能服3選
Photo: 山田ちとら

東京では25度超えと、グンと暖かいこの週末。

今回は、暖かくなり始めるこの時期に取り入れたい機能性抜群のウエアを3つ紹介します。どのアイテムも、これからの季節にうれしい機能が詰まっていますよ。

伸縮自在、乾きも速い「ジャケット&パンツ」

Photo: カネコヒデシ

こちらは、サステナブルブランド「NAGIE(ナギエ)」のセットアップです。選択肢の多い現代に、毎日着られて服選びの選択肢を減らせるルーティーンウェアを提案するというコンセプトのブランド。着用したのは、Addictex JacketとAddictex Skinny Pants のセットアップです。

Photo: カネコヒデシ

生地に使用されているAddictex(アディクテックス)は、リサイクルポリエステルの環境への負担に配慮した機能素材。伸縮率が40%で、しかも伸縮回復率95%。縦にも横にも自在に伸びるという素材で、伸ばしても元通りになり、形状安定性が高いのが特徴です。

だから、体の動きに合わせてギュンギュン生地が伸びるんです。もうこのままスポーツもできてしまいそうな感じ。まるで、スウェットの上下を着ている感覚です。一日着ても、 小さく畳んでもシワになりづらいからアイロンも不要だし、旅行などにも最適。

Photo: カネコヒデシ

撥水性もあるので、突然の雨でも余裕で水分を弾きます。雨粒のついたジャケットをバサバサ振れば、もう水分はありません。

さらに、家庭用洗濯機で洗濯可能。数十回の洗濯を繰り返しても型崩れを起こさない耐久性があり、しかも乾燥時間はおよそ3時間なので、夜帰宅したら洗って干せば翌朝にはもう乾いて、通勤時にサッと着れるというのもうれしいセットアップなんです。

Photo: カネコヒデシ

日々のライフスタイルに考えられたうれしい機能も。ジャケットの内ポケットにはペン差しが装備されているほか、パンツの右ポケットにはキーリング、太ももの横にはベンチレーション機能も。

洗える、動ける、着心地がいい、そしてシチュエーションフリーの四冠王。まさにシンプルかつ高機能の完全無欠のセットアップです。

詳しくはこちら↓

窮屈なセットアップからの卒業。伸縮自在、乾きも速いジャケット&パンツ ちょっとイメージが古いかもしれませんが、新生活でスーツを新調する方も多いのでは。フリーライターのボク自身はノンスーツ生活者ですが、今回はそんなボクでも思わず着たくなっちゃう、シンプル&ハイテクなセットアップをピックアップしてみました。毎日考えずにギュンギュン着れちゃう! ご紹介するのは、サステナブルブランド「NAGIE(ナギエ)」のセットアップです。コチラは、選択肢の多い現代に、毎日着られて服選 https://www.gizmodo.jp/2024/03/nagie_matching_cloth.html

特殊素材でできた「ランニング用アウター」

Photo: 山田ちとら

わたしがランニングにTeton Bros.(ティートンブロス)のランニング用プルオーバー「WS Breath Runner」を愛用している理由は、通気性のよさ・遮熱性の高さ・軽さの三拍子が揃っているため。しかも、機能性をとことん追求しているのに加え、デザインとカラーも秀逸。ちなみに、こちらは女性の骨格に合わせたパターンを採用したもので、機能的には同一のメンズウェア「Run with Octa」もあります。

このWS Breath Runnerは「Octa」という特殊なポリエステル素材を使用。中心が空洞で、そこから8本の突起が放射線状に延びたまるでちくわぶみたいな形状。同じ太さのポリエステル繊維に比べて半分ほどの重さしかなく、通気性・速乾性に優れているのだとか。さらに、突起と突起の隙間、そして中空部分に空気を溜めこんでおけるため、遮熱効果が高く、保温性バツグンときています。

Photo: 山田ちとら

斜めに開くジッパーも優れた通気性を発揮。ランニング中に体が熱ってきたと感じたら、これを解放することで脇から背中にかけて外気を取りこめるので、対流効果によって体の熱を逃すことができます。

Photo: 山田ちとら

そして、あたたかさの秘訣はこれ。ウエアの内側にマッピングされた「Stretch Octa」というフワモコ素材です。Octaの繊維は特殊な形状により空気を多く含んでいるとお伝えしましたが、その熱伝導率の低い空気のおかげで外部の冷気を遮断し、体温を逃がさず保持してくれます。

通気性と遮熱性に加えて、WS Breath Runnerはとにかく軽い。ウィメンズのSサイズは実測167.5グラムでした。さらに、右胸のジッパーポケットを裏返すと本体を収納できるパッカブル仕様になっているので、持ち運びもラクですよ。

詳しくはこちら↓

通気抜群なのに寒くない。特殊素材でできたランニング用アウターはここがすごい ほんとうにいいものを長く着たいから。おすすめします、Teton Bros.(ティートンブロス)のランニング用プルオーバー「WS Breath Runner」。こちらは女性の骨格に合わせたパターンを採用したもので、機能的には同一のメンズウェア「Run with Octa」もあります。わたしがランニングにWS Breath Runnerを愛用している理由は、通気性のよさ・遮熱性の高さ・軽さの三拍子が https://www.gizmodo.jp/2024/03/teton-bros-ws-breath-runner-review-jp.html

THE NORTH FACE初の「自転車に特化したウエア」

Image: THE NORTH FACE

街乗りに適した自転車に乗るとき悩むのが、どんな服を着れば良いかということ。機能性がありつつも、本格的すぎないウエアがほしい…。

そんなわがままが叶うのは、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)に2024年春夏シーズンから登場する「エンライドコレクション」。自転車移動時の快適性と都市生活のスタイルにフィーチャーしたコレクションです。

Image: THE NORTH FACE

「Enride Rain Jacket(エンライドレインジャケット)」と「Enride Rain Pant(エンライドレインパンツ)」は、軽量でありながら引き裂きに強く、また防水透湿性に優れているウエア。急なアクシデントも雨天時の移動もしっかりとサポートしてくれます。

ほかにも、蒸れにくくレイヤリングがしやすい防風ベスト「WS Enride Vest(ウィンドストッパーエンライドベスト)」や、ウエストに5つのトリコットメッシュポケットを配置した「8/10 Enride Pant(8/10エンライドパンツ)」など、自転車好きなら一度は感じたことのある「こうだったら良いのに」に寄り添うアイテムが多数揃っていますよ。

詳しくはこちら↓

THE NORTH FACEから自転車に特化したウエアが登場 自転車好きに朗報です。街乗りに適した自転車に乗るとき悩むのが、どんな服を着れば良いかということ。機能性がありつつも、本格的すぎないウエアがほしい…。そんなわがままをTHE NORTH FACEが叶えてくれました。THE NORTH FACE初のコレクション 2024年春夏シーズンから登場する「エンライドコレクション」は、THE NORTH FACE初の自転車移動時の快適性と都市生活のスタイルにフ https://www.gizmodo.jp/2024/03/thenorthface_enride_collection.html

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.