サイト内
ウェブ

モンベルの「ライトスウェットパンツ」を部屋着に。暖房いらずの暖かさ

  • 2024年1月30日
  • Gizmodo Japan

モンベルの「ライトスウェットパンツ」を部屋着に。暖房いらずの暖かさ
Photo: Bon-Masu

ROOMIE 2022年12月20日掲載の記事より転載

本格的な冬。

個人的に、この時期に「フリースパンツ」を買い替えるのが恒例になっています。

私のお気に入りは、モンベルのシャミースという、極薄のフリース。アウトドアでは中間着として最適で、部屋着としても抜群です。

厚手のフリースに頼りたい寒さ

今年の冬は電気代の値上がりが厳しい。ストーブ用の石油も価格が高止まり中…。

価格だけの問題ではなく、二酸化炭素排出量を減らすことは、個人レベルでも考えないとなりません。

そんなことを考えて、モンベルでシャミースよりも厚手のフリースパンツ「クリマプラス100 ライトスウェットパンツ」を選びました。

クリマプラス100 ライトスウェットパンツ

モンベル「クリマプラス100 ライトスウェットパンツ」

日本で初めてフリースウェアを発売したモンベルの作るフリースパンツです。

汗を素早く外に逃がす通気性と速乾性を備えたフリース素材、クリマプラス®100を使用しています。

ストレッチ性に優れているので動きやすく、アウトドアシーンだけでなく、もちろんルームウェアにも最適です。

スソには、ずり上がりを防ぐゴムのコードが入っています。

平均重量は321g、サイズ展開はS、M、L、XLの4種類。

腰まわりはゴムでフィット、メッシュ生地のポケット3個(ジッパー付きで右ヒップ1、ジッパーなしポケットは腰に2ヶ所)で、フロントジッパーはありません。

今まで利用していたシャミースパンツと比較すると、厚みの違いがよくわかります。

暖かくて頼りになるルームウェアに

生地が厚くなるとかさばってリラックスできないかも、と心配していましたが、ストレッチが効いているのでゆったりとくつろげます。

12月前半では、部屋着としては暖かすぎるくらいの保温性能でした。

ということは、本格的な寒さが来ても、暖房を抑えることができそうです。

アクティブウェアとしても頼りになるな〜

陶芸教室の土間は足元が寒いので、大変助かります。

釣りにも最適です。

もう少し寒くなったらオーバーパンツのインナーとして頼もしい!

年末年始の低山ハイクも楽しみですね〜。

暖房を使わないことが一番なのは分かっているけれど、寒い部屋では、原稿を書くこともできません。

暖かいフリースパンツを利用して、できる範囲で室温を下げて、冬らしい冬を過ごそうと思います。

今年の暖パンをどれにしようか決めかねている人、汎用性の高いフリースパンツを探している人、アウトドアメーカーが手がけるシッカリしたフリースをぜひ1度お試しください。

クリマプラス100 ライトスウェットパンツ Men’s

Photo: Bon-Masu

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.