サイト内
ウェブ

奇跡の1枚からシュールなシーンまで。野生生物の決定的瞬間

  • 2023年12月4日
  • Gizmodo Japan

奇跡の1枚からシュールなシーンまで。野生生物の決定的瞬間
Photo: Nima Sarikhani / Wildlife Photographer of the Year

ロンドン自然史博物館が主催する野生生物の写真コンテスト「Wildlife Photographer of the Year」の、ピープルズチョイスアワードの受賞候補作品が選出されました。

この賞はその名の通り、一般の人々の投票により最高賞が決まるというもの。

コンテストに応募された約5万枚の写真の中から、最終候補に残った25枚を紹介いたします。オンライン投票は2024年1月末まで。こちらから投票できますよ。

やさしい触れ合い

Photo: Andy Parkinson / Wildlife Photographer of the Year

スコットランドのモナドリアス山脈にて、2羽のウサギが求愛しながら鼻を触れ合っている瞬間を捉えた写真です。

オーロラとクラゲ

Photo: Audun Rikardsen / Wildlife Photographer of the Year

日本でも各地の海で見られるミズクラゲ。鮮やかな青と緑のオーロラの下に浮かんでいます。

オーロラとミズクラゲのどちらも光るように撮影され、ミズクラゲの4つの生殖腺も鮮明に写っています。

珍しい光景

Photo: Axel Gomille / Wildlife Photographer of the Year

絶滅危惧種でイヌ科の野生動物としては最も希少とされるアビシニアジャッカル(エチオピアオオカミ)。エチオピアにあるバレマウンテン国立公園の花の近くで休憩しているところを撮影されました。

厳しい交渉

Photo: Ayala Fishaimer / Wildlife Photographer of the Year

アカギツネの子どもが砂の中にいたトガリネズミを引っこ抜いて、宙に放り投げました。トガリネズミが着地し、アカギツネと目が合った瞬間を捉えた写真です。

ゴミ捨て場の雄牛

Photo: Brent Stirton / Wildlife Photographer of the Year

スリランカ南部ティッサマハーラーマのゴミ捨て場で、ゴミを蹴りながら食料を探すオスのゾウを捉えた写真です。この地域ではゴミだけでなく、近くの農作物もゾウに荒らされてしまうそうです。

ファッションの被害者

Photo: Britta Jaschinski / Wildlife Photographer of the Year

こちらの写真は、ハンブルにあるライプニッツ生物多様性変化分析研究所(LIB)に保存されている毛皮のコート。

ユキヒョウやジャガーといった絶滅危惧種の動物から作られたコートは、ヨーロッパ各地で押収されたもの。これらが市場に出回らないように研究所に保管されているそうです。

アヒルの子の群れ

Photo: Charles Davis / Wildlife Photographer of the Year

オーストラリアの吹雪の中、身を寄せ合うヒナたちとその様子を見守る親のアカガモを捉えた写真です。

ラニーニャ現象の影響により、孵化シーズンが例年よりも涼しくなりました。それにより、アカガモのヒナたちは寒い世界の中を進むことになったのです。

ゴミのドリンク

Photo: Claire Waring / Wildlife Photographer of the Year

インドネシアのスラウェシ島にある自然保護区近くのビーチにて撮影されたこの写真。

この地に生息するムーアモンキーが、リサイクル予定のペットボトルの山から残留物を飲んでいます。ボトルに液体が入っていることを学習して器用にキャップを噛みちぎるそうです。

ムクドリのつぶやき

Photo: Daniel Dencescu / Wildlife Photographer of the Year

ローマ上空を飛ぶムクドリの群れを捉えたこの写真のインパクトは、一見して理解できます。飛んでいるムクドリたちが、大きな鳥のシルエットを形成しています。

雪の靴

Photo: Deena Sveinsson / Wildlife Photographer of the Year

ロッキーマウンテン国立公園にて、カンジキウサギを正面から撮影した1枚。カンジキウサギの後ろ足が頭の横に並んでいるかわいらしいショットに見えます。

この後ろ足が頭に並んでいるのは、跳躍の準備動作であり、飛び跳ねる直前を捉えた瞬間です。

帰宅

Photo: Dvir Barkay / Wildlife Photographer of the Year

コスタリカの熱帯雨林で撮影されたヒメマルミミコウモリの写真。ヒメマルミミコウモリは、シロアリの巣をくり抜いて造った空洞を巣とする独特の生態を持ちます。巣へと戻る瞬間を捉えた1枚です。

カッコウハチの到来

Photo: Frank Deschandol / Wildlife Photographer of the Year

メイソンミツバチの粘土の巣に近づくカッコウハチの写真です。カッコウハチは、別のミツバチの巣に卵を産むという生態で、水滴や唾液で巣の粘土を柔らかくして巣の内部へと進もうとしています。

カッコウハチは侵入すると内部で卵を産み、巣穴を閉じます。卵が孵化すると、カッコウハバチの子どもはメイソンミツバチの幼虫を食べるのだそうです。

好奇心

Photo: Gerald Hinde / Wildlife Photographer of the Year

南アフリカのクルーガー国立公園で撮影するカメラマンに、好奇心旺盛に近づいてくるライオンの赤ちゃん。その背後で母親のライオンが見守る様子も捉えられています。

草原を飛来するツバメ

Photo: Hermann Hirsch/Jan Lessman / Wildlife Photographer of the Year

ドイツ東部にて、ヤグルマギクの草原を飛んでいくツバメを捉えた1枚です。

ツバメがヤグルマギクの上を低空飛行で飛んでいく様子を下から撮影したこの写真。ツバメは昆虫を捕まえようとしているそうです。

僕を見て、君を見て

Photo: John E. Marriott / Wildlife Photographer of the Year

カナダのブリティッシュコロンビア州にいあるチルコ川で撮影されたハイイログマ。不安そうな視線でカメラの方を向くハイイログマは、浅瀬でサケを狩ろうとしているところでした。

ミルクを飲み損ねちゃった

Photo: Karim Iliya / Wildlife Photographer of the Year

フランス領ポリネシアの沖で撮影されたザトウクジラの子どもです。

横に流れる白い物体は、このザトウクジラが飲み損ねた母乳で、渦を巻くように流れています。ザトウクジラはその横を上昇していきました。

草原のゲラダ

Photo: Marco Gaiotti / Wildlife Photographer of the Year

エチオピアのシミエン山脈の高原にて撮影された3頭のゲラダヒヒ。

ゲラダヒヒは通常、1頭のオスと複数のメスの小規模集団で行動するとのこと。この時は3頭で、メスは赤ちゃんに母乳をあげています。

共同育児

Photo: Mark Boyd / Wildlife Photographer of the Year

ケニアのマサイマラ国立保護区で、2頭のメスのライオンが赤ちゃんの毛づくろいをしている写真。

群れのメスライオンは、互いの子を自分の子どもとして育て、共同子育てをします。

好機のキツネ

Photo: Matt Maran / Wildlife Photographer of the Year

ロンドンの路上に設置されたゴミ箱に飛び乗ったアカギツネの写真です。ゴミが積まれる収集直前に食べ物を狙ったアカギツネの様子が捉えられています。

しかし、都会のキツネは、実際にはミミズや果物など自然の食べ物を主な食料としているとのこと。

氷のベッド

Photo: Nima Sarikhani / Wildlife Photographer of the Year

ホッキョクグマが小さな氷山に寝ているインパクトのある写真です。

ホッキョクグマは、ノルウェーのスバールバル諸島北方のこの小さな氷山によじ登った後で、自らの手で氷山を引っ掻いてベッドにしました。

近隣トラブル

Photo: Ofer Levy / Wildlife Photographer of the Year

オーストラリアのローバック湾で、カニから縄張りを守ろうとするトビハゼです。

トビハゼは縄張り意識が強く、背びれを広げて威嚇するようにして追い払おうとしています。

希望

Photo: Roberto García-Roa / Wildlife Photographer of the Year

ギニア共和国のチンパンジー保護センターで救出されたチンパンジーを捉えた1枚。

自然史博物館によれば、ブッシュミート(野生動物の食肉)のために母親が殺されてしまい、ペットとして売られてしまったチンパンジーをセンターが保護したとのこと。

トラブルメイカー

Photo: Stefan Christmann / Wildlife Photographer of the Year

南極のアトカ湾にて、コウテイペンギンとそのヒナに近づくアデリーペンギンです。

コウテイペンギンの餌の時間に、アデリーペンギンはしばしば機会を狙って餌を盗もうとします。

幸福なカメ

Photo: Tzahi Finkelstein / Wildlife Photographer of the Year

イスラエルのエズレル渓谷で撮影されたギリシャイシガメです。

浅瀬を進んでいたイシガメの鼻先に飛んできたトンボが不時着のように止まりました。両者はこの一瞬を互いに喜びと共に共有しているように見えます。

秋の輝き

Photo: Uge Fuertes Sanz / Wildlife Photographer of the Year

スペインで撮影されたフトイやポプラの木々。紅葉した葉、木の幹など秋のまばゆい色彩は、まるで絵画ようにも見えます。

自然界の凄みを捉えた貴重なショット…博物館主催の写真大会優秀作たち ロンドン自然史博物館が主催する野生生物写真のコンテスト「Wildlife Photographer of the Year」の、今年の受賞作品。 https://www.gizmodo.jp/2023/10/wildlife-photographer-of-the-year-2023.html

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2024 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.